スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムAGE MEMORY OF EDEN の新登場メカと感想

遅ればせながら「機動戦士ガンダムAGE ~MEMORY OF EDEN(メモリーオブエデン)~ 」(以下MOE)を観ました。
新しく登場した機体と少し感想を述べていきます。


Blu-ray&DVDが2013年7月26日にリリースしています。

機動戦士ガンダムAGE 公式サイト | 機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
top_poster.jpg













※以下ネタバレを含みます。
パッケージを開けてみたら、前編と後編の2枚組になっていて驚きました。
前編はアセム、後編はゼハートが主人公となっています。


チーフメカアニメーターの大塚健氏より







■MOEからの新登場メカ

・まず、冒頭から、機体ではないですが新装備のジェノアスII。
AGE MOE1

HG シャルドール ローグ | LINEUP | 機動戦士ガンダムAGE プラモデル公式サイトimg03.jpg


BMS-003 シャルドールローグのビームアックスと似ている武器を装備しています。
全く同じものではなく、ケーブルやシャルドールローグのものより細く細部も異なっています。
公式の呼び方は存在しません。ジェノアスIIビームアックス装備とでも呼びましょうか。
(グレートメカニクスDX25のインタビューに小川プロデューサーの発言「ただジェノアスIIがビームアックスを地味に使うシーン」とある。)




・続いて、AGE-1SW ガンダムAGE-1 ソーディア。
AGE MOE2

機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ | バンダイナムコゲームス公式サイトimg_age1-sword.jpg


これはガンダムAGEのゲーム「機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ 」内で登場したゲームオリジナルのウェアです。リアルな等身のソーディアは発売中の『機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』で見ることができます。

機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド についてのレビュー
AGEキャラデザ・千葉道徳氏「既存作の踏襲をするにしても『機動戦士ガンダム』ではなく、他の富野アニメをベースにやりたかった」

コロニー内でアセムが乗り、主にゼハートのゼダスRと戦闘を繰り広げました。





・ここまでは前編、ここからは後編です。
MEMORY OF EDEN版ガンダムレギルス。xvm-fzc ガンダムレギルスのゼハートの赤い専用機です。AGE MOE4a

HG 1/144 ガンダムレギルス〔MEMORY OF EDEN〕 | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト1000082540_2.jpg


AGEのMSVとも言える「EXA-LOG」に登場する xvm-fzc-zgc ガンダムレギルスRと配色は、顔のマスクと胸以外同じです。レギルスRはギラーガのモードXのように各所にビットやスラスター、肩、武器などがレギルスとは異なります。
alllegilis.jpg







・RGE-G1100C アデルキャノンと同様のウェアを装備した RGE-G1500 アデルマークII(宇宙用)。“アデルマークIIキャノン”と呼ばれています。左腕が損傷して母艦に戻るところをゼハートのレギルス撃破されています。AGE MOE5
3rd_ms_b_018のコピー






・RGE-G2100 クランシェ(アマデウス所属機)

ゼハートにサーベルで刺され、破壊させられるという見事なやられ役でした。AGE MOE6a

3rd_ms_b_006のコピー






・RGE-C350S シャルドール スカウト
こちらも「EXA-LOG」に登場する機体です。ほぼ胴しか残っていません。なかかな確認がしづらく、ダークハウンドがレギルスにサーベルを刺した一瞬に写ります。AGE MOE8
TkNbkaのコピー




■感想

 前編は、主に学生編でアセムを中心にロマリーとゼハートが描かれています。転校してきたゼハートを案内したり、二人に握手をさせたりと、特にロマリーの描写が増えて、キャラの心理も分かりやすくまとめられています。
ロマリーの父親と母親も写りました。
 
 ゼハートの付き添い役として一緒にコロニーに潜入したダズが、ゼハートの親のように感じました。
MOEでガンダムレギルスが赤くなった伏線として、ゼイドラを見たゼハートとダズの会話が追加。 
ゼハート「赤い機体か。」
ダズ「イゼルカント様から託された色、火星の赤。それだけ期待されているということですよ。」

ゼハートの乗る機体がなぜ赤色に変わったのかと理由をつけました。
 前編はダウネス落下を二人で阻止、成功したところで終わりです。

 

 後編は、ゼハートがコールドスリープから目覚めたところから始まります。キオとの戦闘などの接触は省かれており、ルナベースのアセムとの戦闘で本格的に話が始まります。ジラード・スプリガンは登場しませんので、多少展開も異なります。シドとの戦闘もカットされ、TVの46話「宇宙要塞ラ・グラミス」から再開します。グリドリンやザナルドも登場せず、フラムとの描写が追加されました。

 アセムとの戦闘は感情をむき出しにして、最初で最後の大喧嘩です。48話における例の55秒シーンが形を維持しつつ上手に延長されています。特にここのメカシーンは見物です。最後は殴り合いになり、まるで二人が本当に殴り合いをしているようでした。ゼハートの心情が多く描かれ、死んでいった者の霊との葛藤はとても好きなシーンです。ゼハートの最期のシーンのこのセリフでつい涙が出ました…。
 
ゼハート「私は、命を代償にしてしか未来を望めなかった。だが、もし、お前たちのように、命と命の繋がりから命を、未来を紡げたら違っていたのかもしれないな…。」
アセムはロマリーと結婚し、未来(子供のキオ)を残しました。しかし、ゼハートはきっと親の愛情に触れず育っていき、意志を背負い戦場で生きるために恋愛するの余裕がなかったと考えます。コールドスリープから目覚めるとドール・フロストの妹フラム、キオと出会い考えが揺らいでいたはずです。そして、火星ではマーズレイがあるため、子供も満足に育てられない状況なのです。様々なことを考えさせられるセリフでした。
最後は、ゼラ・ギンスは登場せず、レギルスが爆破し幕を閉じます。



 EDのあと、ロマリーが登場し、戦争が終わりゼハートが死んだのを悟ったような悲しい目をしていました。ロマリーにはゼハートに対しての気持ちが残っていたのかもしれません。そして、ゼハートフラムの墓とMOEに姿は登場しなかったディーン・アノンとルウ・アノンの墓が建てられています。このシーンも先ほどのセリフと繋がっていると思います。お墓の中で一緒になったゼハートとフラム、亡くなった子供たち。アノン兄弟はキオが建てさせたのでしょう。ここから未来が見えてきました。AGE MOE9




 ガンダムAGEは、沢山のキャラクター登場しますが、3世代という物語をうまく制御できなかった作品でした。しかし、その一部を覗いて見るMOEは、さらに魅力的にしてくれた非常に良い作品です。私はTV本編も好きです。そして、MOEはさらにAGE好きにしてくれる作品でした。


                                    2013年9月1日 追記・修正
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ…
いっていいのかわかりませんが、ルウがディーンになってますね…(汗

Re: No title

> あ…
> いっていいのかわかりませんが、ルウがディーンになってますね…(汗

ご指摘ありがとうございます(汗)公開から今までずっとそのままでしたね…。
気軽にコメントして下さい^^

訂正しました。

No title

初めまして、MOEではAGE-1のソーディアが出ることや赤いレギルスが出るという話は模型誌で知ったのですが、シャルドール・スカウトやアデルMk-Ⅱのキャノンウェア型、黒いクランシェなど色んな情報があったのですね! (ジェノアスⅡがビームアックスを使うシーンまであったとは・・・・
これを気にバンダイさんがAGE系のキットを販売し続けてくれたら嬉しいですw

Re: No title

> 初めまして、MOEではAGE-1のソーディアが出ることや赤いレギルスが出るという話は模型誌で知ったのですが、シャルドール・スカウトやアデルMk-Ⅱのキャノンウェア型、黒いクランシェなど色んな情報があったのですね! (ジェノアスⅡがビームアックスを使うシーンまであったとは・・・・

初めましてグランツさん、コメントありがとうございます。
当ブログでAGE MOEについてより知ってもらえて光栄です。そう言ってもらえると記事を書いた甲斐があります。
これらをグランツさんの目でももう一度確認して頂きたいです。意識して見るとまた違ったMOEが見えるかもしれません。

> これを気にバンダイさんがAGE系のキットを販売し続けてくれたら嬉しいですw

そうですね。AGE本編でもプラモ化されていなものがたくさんあったので、MOEを機に出してくれよかったのですがプレバンからのレギルスのみなのは残念でした。
プラモ化されるようにこれからもAGEを一緒に応援していましょう。
プロフィール

だいけい

Author:だいけい
ガンダム関係・富野由悠季やアニメなどの情報紹介や考察をしていきます。
気軽にコメント頂けたら幸いです。


別名でも活動。
最近は更新減少中…



連絡先→in2mistletoe@hotmail.co.jp

twitter→ @in2mistletoe

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
Twitter
リンク
記事一覧
全記事表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。