スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リック・ディアスの頭長高問題

・リック・ディアスの頭長高

以前、こちらの記事にてリック・ディアスの頭長高についてkita082さんのご指摘がありました。
ミスルトゥの中で 『機動戦士Zガンダム』の機体の高さ

私は、大全集を参考にしたので頭長高18.0mとしました。しかし、kita082さんの説明によると公式設定は頭長高18.7mであり、私もそれに納得し値を変更しました。



その後、kita082さんによりリック・ディアスの頭長高がまとめられました。
MS、MAの全高設定問題 G_Robotism

こちらのまとめによると、2004-10のディアゴスティーニ『ファクトファイル 8』以降 からは頭長高18.0mのほうが主流にあるようなのです。



私が参考にしたMS大全集2013のみですがまとめました。

リック・ディアス系の身長設定表記
2012年12月 メディアワークス『機動戦士ガンダムMS大全集2013[+線画設定集]』
機体名頭頂高(m)全高(m)
リック・ディアス18.018.7
リック・ディアス[シュトゥッツァー]17.5
シュツルム・ディアス18.0
スーパー・ディアス18.0
スーパー・ディアス(線画)18.0
リック・ディアスS18.0
リック・ディアスS(線画)18.0
リック・ディアスII18.52
プロトタイプリック・ディアス19.0
ディジェ18.4


ゲームであるGジェネギャザービート2に登場するオリジナル機体のスーパー・ディアスとリック・ディアスSにはカラー画と線画で混乱が見られます。
線画のないリック・ディアス[シュトゥッツァー]以外はカラー画と線画は同じ表記です。
リック・ディアスIIとプロトタイプリック・ディアスとディジェあくまで比較の一つとして載せました。

これら以外にもリック・ディアスは専用機として、「エコール・デュ・シエル」「AOΖ ティターンズの旗のもとに」「AOΖ 刻に抗いし者」にも登場します。


資料も少なく、知識の乏しい私にはどちらが正しいかの判断は難しいです。ただ、リックディアスの頭長高は18.7mと18.0mの2説あることをお知らせします。
ガンダムの歴史は長いので、kita082さんでも触れられてるいるように、こういったことはリックディアスの設定以外にもありますね。

もし、リックディアスの頭長高が記載されている資料をお持ちであれば確認してみてください。



・MS大全集2013の誤表記

ついでに、私の気付いた範囲での間違いを載せておきます。
MS大全集2013のミスはとっくにどこかの濃いガンダムサイトでやっていると思っていたのですが、見当たりませんね…。

P.009  × FA-78-3 → ○ RX-78-3
P.030  × RGM-79GS → ○ RGM-79GL 
P.030  × RX-78NT-1 → ○ FA-78NT-1
P.042  × MSR-100S → ○ MSR-100 
P.044  RGM-79Q ジム・クゥエル(コンペイトウ方面軍仕様)の画像がジム改
P.136  ジャスティスとフリーダムのディアクティブモードが違う
P.145  ジン・ディープアームズとジン・マニューバの画像が逆
P.162  アウトフレーム Gフライト装備とアウトフレームD Gフライト装備の画像が逆
P.228  スーパー・ディアスとリック・ディアスSの全高表記がP.540の線画と異なる



他に気が付いたことがあれば気軽にコメントをしていただければ幸いです。






言い訳がましいかもしれませんが、アッシマーの件で言い忘れていたことがありました(汗)
MS、MAの全高設定問題 G_Robotism

ところで、上のサイトが数値を間違えた理由ですが、「引用元が以前のウィキを参考にしていた」物と見て間違いありません。


とありますが、私はWikipediaを完全に信じてはいませんので履歴より参考にしてはいません…。
コメントでも書きましたが、私の間違った認識と誤った図から23.1mと変えてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

再調査した所、

リック・ディアスは『パーフェクトファイル 13号』(2012年1月)にも「頭頂高18.0m/」を確認。とはいえ、同年の他の本に「全高18.7m」はしっかり残存しており、今後どちらが生き残るかはバンライズのみぞ知るという所でしょう。
ただ、実際には数値が変更されたというよりも表記法の仕切り直しが単になされたにすぎないため、数値が乱立した所でさしたる問題はないと思われます(もっとも「トサカを測っても70cmに満たない」という混乱は出るかも)。

あと、「引用元が以前のウィキを参考にしていた物と見て…」と、引用元のウェブサイトが存在するはずだと私が勝手に断定したのは、記述は正確に転写される物であるとの大前提による物です。よって思い込みや勘違いという要素は前提自体に含んでいませんでした。まだまだ修行が足りない様です…。

Re: 再調査した所、

> リック・ディアスは『パーフェクトファイル 13号』(2012年1月)にも「頭頂高18.0m/」を確認。とはいえ、同年の他の本に「全高18.7m」はしっかり残存しており、今後どちらが生き残るかはバンライズのみぞ知るという所でしょう。

返信遅くなり申し訳ありません。

再調査ありがとうございます。
パーフェクトファイルも頭頂高18.0mでしたか。

> ただ、実際には数値が変更されたというよりも表記法の仕切り直しが単になされたにすぎないため、数値が乱立した所でさしたる問題はな
いと思われます(もっとも「トサカを測っても70cmに満たない」という混乱は出るかも)。

そのようにも考えられますね。

最近の作品であるAOZ系にリック・ディアスの頭頂高が書かれていれば、それが公式設定に変更された値とは考えられないでしょうか。シュトゥッツァーのときに再考されているようにも思えます。私も探してみます。


頭頂高18.0mと表記しても何も知らなければ、話はここまで発展しませんでした。kita082さんのご指摘があってこそです。ありがとうございます。サイトにもわざわざ「発見者」として表記して頂き少し申し訳ないです…(汗)


プロフィール

だいけい

Author:だいけい
ガンダム関係・富野由悠季やアニメなどの情報紹介や考察をしていきます。
気軽にコメント頂けたら幸いです。


別名でも活動。
最近は更新減少中…



連絡先→in2mistletoe@hotmail.co.jp

twitter→ @in2mistletoe

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
Twitter
リンク
記事一覧
全記事表示
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。