FC2ブログ

パシフィック・リムのコメントに「機動戦士Zガンダム」メカニックデザインの岡本英郎氏

今話題のパシフィック・リムを見てきました。

以前こちらの記事(映画「パシフィック・リム」クレジットに富野由悠季)で紹介した「富野由悠季」監督のクレジットはありませんでした。
無いとしっかり確認したのは富野監督だけですが、他の日本の方々も同様に無かったと思います(あったらゴメンナサイ 汗 )。
海外版だけクレジットされ、日本版ではカットされたのでしょうか…?もしかすると、元々無かった可能性も考えられます。洋画事情には詳しくないのでよく分かりません。


大迫力で、最近のロボットアニメには少ない拳で殴ることなど、言ってしまえば少し古くさい作品でしたが、「日本愛」溢れていました。マジンガーZのパイルダー・オン、ロケットバンチやガリアンのガリアンソード、エヴァやGガンダムを想像する操作、ストーリーはマジンガーやゲッターのバイオレンスさなどなど、たくさんのロボットアニメも連想しました。設定などはどうでもいいと思わせるほど非常に楽しく面白かったです。

最後に「故・レイ・ハリーハウゼン 及び 本多猪四郎に捧げる」とクレジットされたのが印象的でした。
レイ・ハリーハウゼン氏は特撮の神様と呼ばれる方で、本多猪四郎氏はゴジラシリーズ監督です。



SF大作「パシフィック・リム」監督は超オタク お台場ガンダムに感激、かしわ手を打って拝む : J-CASTニュース

「機動戦士ガンダム」シリーズを取り上げたテーマパーク「ガンダムフロント東京」に入るやいなや、展示された大量のプラモデルに喜色満面で、「全部ほしいよ!」。

とりわけ、ダイバーシティ東京前にそびえたつ等身大ガンダム像、通称「お台場ガンダム」を目にすると、口元を押さえしばし絶句。目を輝かせながらガンダムを見つめたのち、

「アメイジング! マスターピース! 夢のようだよ……。ファット・オタク・ヘブン(なんというオタク天国だ)!」




“自称オタク”監督が日本へラブレター 映画「パシフィック・リム」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

アカデミー賞3冠の「パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ」などのファンタジーで知られるデル・トロ監督は、幼少期から「鉄人28号」「ゴジラ」「ウルトラシリーズ」など日本の映像作品に親しんできた。「西洋と違って、日本には怪獣を愛する独自の文化がある。バルタン星人、ピグモン、ラゴン…(デザイナーの)成田亨のデザインはシュールでクレイジー」と思い入れたっぷりに語る。


 作中には日本の作品を連想させる場面も多いが、スケールの大きさはやはりハリウッド。VFX(視覚効果)に加え、大型セットで撮影されたイェーガーの操縦シーンが緊張感を盛り上げる。操縦室のセットは油圧式回転台の上に設置され、総重量は数トン規模。俳優を乗せたままセットを揺らしたり、落下させたり、大量の水をかけたりと、俳優には過酷な現場だったようだ。

 「すべてデジタルに頼ると作品が偽っぽくなってしまう。パンチを受ければイェーガーは揺れる。俳優に実際の感覚を肉体で味わってほしかった」

 KAIJUのデザインはゴジラのようにスーツアクターが“中”に入って動かせるような形状を意識したという。

 「(KAIJUが動く)コンピューター・アニメーションの部分は肉体的なものにしたかった。いい映画は、触れられるような実体を持っているからね」と無邪気な笑顔で語った。





ジャパンタイムスに「機動戦士Zガンダム」の岡本英郎氏のコメント

2013年8月16日のジャパンタイムスに、岡本英郎氏が「機動戦士Zガンダム」のメカデザイナーとして紹介されています。

岡本英郎氏について、以前の記事
バーザムの股間の形状は





KIMG0430.jpg
ILLUSTRATION BY HIDEO OKAMOTO


The Japan Times FRIDAY,AUGUST 16,2013


Four classic giant robot archetypes
Every Japanese giant robot takes one or more of these forms(the robot's Japanese name is listed first, followed by its English version in parentheses):
Semi-sentient remote-controlled robots   Tetsujin28(Gigantor);Giant Robo(Johnny Socko)
Robots piloted by individual human heroes   MazingerZ(TranzorZ);Evangelion EVA-01
Combining robots formed from smaller robots or vehicles   Getta Robo G(Starvengers);Golion(Voltron)
Robots that transform vehicles into humanoid form   Macross Valkyrie(Robotech Veritech);Diaclone(the Transformers)


~ still,"anime directors didn't really want to make what amounted to 30-minute toy commercials," says Hideo Okamoto, who designed robots for the "Mobile Suit Zeta Gundam" series." They Strove to create deeper characters and storylines," which let robot shows continue to dominate the airwaves throughout the '80s. "Robot designers think of their creations as characters, not machines. Even when the pilot inside is doing all the talking, the visual is the robot. They're the real stars of the show." ~



※一部要約しており、全文ではありません。元記事をお読みになりたい方は、「The Japan Times FRIDAY,AUGUST 16,2013 」をお求めください。



抜き出した英文はほんの一部で、「still」はそれまで(特に70年代)の日本のロボットアニメの歴史と背景を受けてのことです。
一応自分なりに訳してみました。英語は得意ではないので参考にする程度にどうぞ。


4つの古典的な巨大なロボット典型
あらゆる日本の巨大なロボットは、これらの形(ロボットの日本の名前は最初にリストされます。そして、括弧でその英語版が続く)の一つ以上をとる:
なかば自意識がある操作系ロボット  鉄人28号、ジャイアントロボ
一人のヒーローがパイロットのロボット  マジンガーZ、エヴァ初号機  
小さなロボットあるいは乗り物の組み合わせから形成されたロボット ゲッターロボG、ゴライオン
乗り物が人型に変形するロボット マクロスのバルキリー、ダイアクロン

 
 それにもかかわらず、「アニメ制作者は、約30分になったものを、本当のおもちゃのコマーシャルにしたくなかったのです。」と『機動戦士Zガンダム』のロボットをデザインした岡本英郎は言う。
「彼らは深いキャラクター性と世界観を作るために努力しました。」そしてそれら、ロボットアニメは80年代の放送の流行を支配し続けた。
「ロボットデザイナーは、生み出したものを機械ではなくキャラと見なします。内部のパイロットが会話している時でさえ、見えるものはそのロボットです。ロボットデザイナーは、映像での本当のスターです。」




岡本氏の描かれたスーパーロボットは、東京タワーと東京スカイツリーを持ち、胸には太陽を想像するパーツをつけています。 
英語は打つのも訳すのも私には大変でした…(笑)

RGガンダム、R3ウォーカーギャリア、オーラバトラーなどをデザインした中北晃二氏


■RG(リアルグレード)

中北晃二氏は、RGでは、「RG 1/144 RX-78-2 ガンダム」、「RG 1/144 MS-06 ザク」、「RG 1/144 GAT-X105 エールストライクガンダム」、「RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム」、「RG 1/144 ZGMF-X09A ジャスティスガンダム」、「RG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム」などのデザインをされています。












GFTにて発表されたRGストライクフリーダムガンダムも、RGフリーダムガンダムに続き中北氏のデザインです。




各立体との比較
1375538579749.jpg




■ザブングル

ザブングルのウォーカーギャリア「戦闘メカ ザブングル R3 1/100 ウォーカーギャリア」のデザインも担当。












■オーラバトラー

富野由悠季監督の著書『オーラバトラー戦記 2巻』にて、オリジナルオーラバトラーを描かれています。


KIMG0408.jpg

何しろワタシは、ロボットもクリーチャーもどちらも大好きなので、その両方の要素を備えたオーラバトラーという存在は、昔からとても好ましい物なのでした。
今回、その感動を絵にする機会にあずかり、せっかくなので、世界観に沿った形でオリジナルのオーラバトラーを描くことにしました。

中北晃二
デザイナー、イラストレーター。ゲームソフト製作会社勤務を経て、現在フリー。メカやクリーチャーなどを好んで描き、趣味で立体造型も手がける。



趣味でドラムロのCGも。



3Dのドラムロが出来るまで - Togetter




獣装機攻ダンクーガノヴァのメカニックデザインやスーパーロボット大戦OGのプロダクションデザインなどもされている中沢氏は、ガンダム関係の仕事は他にも、マスターピース ゼータ・ガンダム』や『ガンダムNOVELS―閃光となった戦士たち』では、「月光の夢 宇宙の魂」の挿絵を担当などをされています。


また、MGのデザインもされいるようで、確認できたのは「MG MS-07B グフ Ver.2.0」、「MG 1/100 MS-14S シャア専用ゲルググ Ver.2.0(14A ゲルググ Ver.2.0)」、「MG 1/100 MS-06K ザクキャノン 」です。ザクキャノンがそうであれば、ザクとザク周辺のバリエーションも中北氏でしょう。Ver2.0のジオン系は全て氏かもしれません。



現在放送中の二つのアニメ、ジャイロゼッターではそのゲーム「アルバロスの翼」にて、ガッチャマンクラウズでは、Gスーツのデザインを手がけられています。
超速変形ジャイロゼッター3DS アルバロスの翼 | SQUARE ENIX
ガッチャマン クラウズ|日本テレビ



ガンダムではオリジナルデザインはしていないのであまり名前が出ませんが、ガンプラの方面でこれからも活躍されるでしょう。

バーザムの股間の形状は

長年の謎であったバーザムの股間部の形状の問題に解明の兆しが見えてきました。
バーザムは様々な方が描かれたものが存在し、解釈が異なります。

バーザムの比較
20090923154722a.jpg

バーザムのフィニッシュワークをされた岡本英郎氏のツイートです。




「バーザムの関節等々は、モデラーの草刈健一くんと検証しながら立体物を作ってもらいモデグラかBークラブに載せました。それが、分かりやすい答だと思います。」

この草刈健一氏がつくられた立体の股間部は、内側に窪んだ形状ではなく平面状になっているようです。
こちらの図だと右側になります。
20090923154722.jpg

氏は明言をしておらず、あくまで「検証」ですので、イコールとはなりませんが、フィニッシュワークをされた岡本氏の認識としては平面なのでしょう。

18074655.jpg


平面として捉えると、RX-78-2ガンダムでいう耐熱フィルム(劇場版はガス)を出した赤い股間の部分に相当するのではないでしょうか。ガンダムは少しへこんでいますが、ジェガンなど股間の赤い部分が平面の機体も存在します。
そして丸い突起物は、バーニアやビーム砲ではなく、どうやらセンサーらしいのです。間接などのデザインに使われるものに見えなくもないですが。
このように考えると、もしバーザムの股間に「黄色いVの字」が付いていたとしても不思議ではないはずです。
バーザムの股間が平面だとすると、こういった意味ではないでしょうか。




バーザムについては様々な方が検証をなされています。

とある方は、“カッコイイ”からと股間の形状を凹と結論を下されたりしています。

がんだまぁBlog: 各種バーザムを比較する
TV・建機版・近藤版・カトキ版の各デザインの比較がされています。

バーザム :G_Robotism
バーザムのデザイン、デザイナー、設定と様々な考察がなれています。ですが、自ら「妄想」と仰られてますのでご注意ください。



■岡本氏はボトムズのデザインも



■岡本氏と富野監督

岡本氏が富野監督から手紙をもらいフリーになったというのは驚きです。
この話と関係あるかは分かりませんが、Zのときはデザイナーの引き抜きが多かったようです。

このトークショーというのは以前にも紹介したイデオン祭りのことです。
スペースランナウェイ 復活のイデオン祭り楽しかった!! | ひびのたわごと

河森正治とガンダム0083

河森正治氏と0083 STARDUST MEMORYやガンダム関係についてです。
河森氏は、スタジオぬえ・ガンダムセンチュリーと、ガンダムについて深い関わりがあります。
河森正治 - Wikipedia

内容はこちらの記事からです。
河森正治 ビジョンクリエイターの視点より、富野・ガンダム関係
※一部要約しており、全文ではありません。元記事をお読みになりたい方は、「河森正治 ビジョンクリエイターの視点」をお求めください。

■河森氏とガンダム

・試作2号機を試作1号機とした案
・試作2号機も当初はモノアイ
・従来のガンダムのディテールを全く使わないものも考えたが通らなかった
・いろんな演出家に短編のガンダムを10本ぐらい共作させるっていう企画
・ミノフスキークラフトやソーラ・レイのアイディアを考えた


ラフデザイン
May25~04aaa

ジオニックガンダムと書かれたデザインは、ガーベラ・テトラに通じるのではないでしょうか。
短編のガンダムは、0083の企画と同時期になりますから1991年以前でしょう。調べても全く出てきません。もちろん実現していません。


これらの発言は大変興味深いです。

『0083』の打ち合わせに出ていると、若いスタッフから「それは設定にありません」と言われるのが不思議でしたね。もう「その設定はオレが作ったから変えたっていいでしょう?」って思ってしまう。


 『0083』は、「今回はリアルにやろう」ってコンセプトだったんで、それなら走るシーンはなんとかしたかった。せめて姿勢を低くして、重心はぶらさないように。でもそれは許可がでなかった。撃たれたら困るから、塹壕に隠れて銃だけ上げて使う案も出しました。せっかくビームライフルに照準器が付いているんだから、そのほうが合理的なはずだから。でもNGだった。結局、『ガンダム』という作品には重い枷があって、それをリアルで超えることはできないんですよ。


ガンダムはリアルなわけがない。でもロボットプロレスが戦争ごっこを非常にうまくやっているのが面白い。それでいいじゃないか」っていうことです。兵器としてはリアリティのかけらもない~。それがどこかでなにかを間違えて、メカのファンの何割かまでリアルだと錯覚してしまった。


『マクロス』でも、いまだに「正史はどれですか?」って言われると、「ありません」としか言いようがない(笑)。提示されるものを盲目的に信じてしまうのは、原発安全神話と似た集団催眠的な怖さを感じますね。設定は物語を面白くするためのものだし、たとえシリーズでも作品が変われば設定も変わっていいはずなのに、その固定観念を変えるのが本当に難しい




0083 STARDUST MEMORYに積極的に参加していた河森氏でしたが、「0083」という作品風には合っておらず、結局メカニカルスタイリングに落ち着いてしまいまいた。無反動砲のボールをガンダムと呼ぶ企画は見てみたかったです。非常に残念。
また、「マクロス7は『0083』を経験して、変わったものを作ろうと思った」と発言されていました。

河森氏が仰っていることは、もちろん今のガンムにも通じます。
UCがありAGEがあり、THE ORIGINや富野監督の新作が始まる。これからのガンダムの事について考えさせられました。


瀧川虚至氏についてまとめ

前に書いたこちらの記事(HGUCメッサーラのデザインと瀧川虚至氏について)で「Defineで突然登場」と書きました。ですが、ご指摘をいただいた、
兵器としてのジムを紐解く“研究書籍”、「マスターアーカイブモビルスーツジム」好評発売中!- GUNDAM.INFO
の方が先でした。(こちらは2010年9月16日発売、Defineはガンダムエース2011年8月号より連載開始)
申し訳ありません。


どうやら、ガンダム系だけではなく、ドラグナーもそうですので、マスターアーカイブシリーズのいくつかを手がけられているようです。GAGraphicが製作する書籍紹介 | MasterFileblog

さらに、瀧川氏について調べてみました。





information 2009 -BLACK REIGN(studioRECKLESSのサイト。studioRECKLESSというのは、ガンダムのガレージキットなど立体物を扱う会社で、2000年にカトキ氏よりGFFの原型師として抜擢されたことでも有名です 。studio RECKLESSの歴史

瀧川虚至 氏
ソフトバンククリエイティブ社から発刊のマスターピースZZガンダムやマスターファイルVF-1本などで各種イラストを担当。その画力が河森氏に絶賛された福岡県在住の新鋭メカデザイナー&イラストレイター
平成21年7月19日 studio RECKLESS 斉藤実盛

information 2010 -BLACK REIGN
----- 瀧川虚至 -----
ふとした出会いから小松原がスカウトした新進気鋭のメカデザイナー。
ソフトバンククリエイティブ様から好評発売中のマスターファイル『VF-1』『VF-19』やマスターピース2『ZZガンダム』内でその実力を大物メカデザイナー各氏に高く評価された画稿を手がけた他、バンダイ様のBクラブガレージキットのリファイン(フルアーマーガンダム、フルアーマーアレックス、ドーベンウルフ、バウンドドッグ、ディジェなどなど多数)を手がけるなど今後が期待されています。
 ちなみに・・・過去のキャラホビでも2008年の百式、リックディアス、2009年の量産型Zガンダム、ザクⅢも瀧川氏によるリファインです!
平成22年8月3日 studio RECKLESS 斉藤実盛

アマチュアブース-黒いメモ帳2010-08-17(studio RECKLESSの代表小松原博之氏のブログ)
リファインデザインをしたZガンダムウェーブライダー&ブースターを画像付きで紹介

ブースター画稿 -黒いメモ帳2010-08-20
上の瀧川氏がデザインされたブースターのデザイン画

忘れてた...-黒いメモ帳2012-03-06
没になったゲーマルクのデザイン画

お蔵入り? -黒いメモ帳2012-03-15
こちらも没になったメッサーラのデザイン画

別なものを発掘-黒いメモ帳2012-12-09
SDキュベレイのデザイン画

キャラホビに出たリファインした機体
百式、リックディアス、量産型Zガンダム、ザクⅢ改、Zガンダムウェーブライダー&ブースター、キュベレイ、ガンダムMk-Ⅱ(後期仕様)、アレックス、Ξガンダム 、ガンダム6号機、νガンダム 、イフリート・ナハト



やはりスカウトされたようで、studioRECKLESSのサイトからすると2008年前後から活動されているみたいですが、上げられているBクラブの情報は全く出てきません。
そして、なぜか次の年の2009年になって瀧川氏の存在が発表されました。
調べた結果、瀧川氏の流れとしては、
カレージキットのデザイン→マスターファイル、マスターアーカイブで設定画→Define→インパルス板倉の小説


瀧川氏がデザインされているものの多くは、ガンダムタイプかZ系です。
なので、Z Defineにメカデザインとして選ばれたのでしょうか?
2012年03月15日にお蔵入り?として公開されたメッサーラの比較です。私が追加しました。
1364824405051Mes4ver

見て頂いたらおわかりになると思いますが、ほとんどHGUC版と似ており、また、RGで出たガンダムMkIIもガレキのガンダムMk-Ⅱ(後期仕様)と似ています。
これは描いている人が同じなので当たり前かもしれません。

RGとZ系のHGUCを手伝っているようで、これから出るZ系も手伝われるでしょう。



 ガンダムエースで発表された板倉俊之の挑むガンダム小説プロジェクト「ガンダムエース7月号」より始動! | GUNDAM.INFOで公開されたのがオリジナルでなく残念でした。まだジムスナイパーII以外にも機体は出てくるはずですので、気長に待ちたいです。
そして、瀧川氏も早くオリジナルを描きたいようです。
メッサーラと同じように、Zではなく、ZZになってしましますが、瀧川氏の絵でHGUCでゲーマルクが出るかもしれません(笑)


最後に、かとうひさしさん、前回指摘をしてくださり、本当にありがとうございました。



24年越しに山下いくと版サザビーを公開


 νガンダム(山下いくと版) より
 
「テキストデザイン:Ryo1
 エヴァンゲリオンのデザインを手掛けたメカデザイナー、山下いくと氏がかつてサイバーコミックスNo.9に描き下ろしたイラストで赤い機体と取っ組み合いの戦闘を繰り広げているのがこのνガンダム(山下いくと版)です。
 
 デザインが従来のガンダムとは余りにもかけ離れていた為に「ガンダムのイラスト」としては認められずオリジナルイラストとして掲載されることになったという数奇な運命を辿った機体で正式な名称も存在しません。

 逆襲のシャア絡みで発注されたもの、というわずかな情報からνガンダムであると判断しましたが後日に山下いくと版νガンダムとネットで検索すると意外とヒットしたので間違いではなかった気がしますね。

 エヴァや∀ガンダムといった従来とは異なるアプローチで生まれた奇抜なデザインが堂々と世に出ている今の時代なら何ら問題なくガンダムになれた機体だったと思いますがあまりにも早すぎたデザインだったということでしょうか。

~ちなみにこの機体が描かれているイラストが現在発売されているガンダムトリビュートマガジン「G2O【ジー・ツー・オー】」の総集編に掲載されているので興味のある方 はご覧になってみてください。フルスクラッチの立体物まで作られているので必見かと思います。」




『サイバーコミックス』は、バンダイ発行のロボットアニメ専門のアンソロジーコミック集。1988年4月10日創刊、1992年11月15日発売の計47号をもって休刊。(wikiより)

こちらが、そのサイバーコミックスNo.9(1989.07.01)の描き下ろしのようです。

1366729512257.jpg

G2Oの立体物
1366727393377.jpg

2013年4月23日に公開(描かれた)、サザビー
1366726641675.jpg


山下いくと氏一連のツイート









これはvar.Kaならぬvar.Yaとも言えますが、正直、ν・サザビーと言われてもピンときませんね(苦笑)。
オリジナルと言ってもいいデザインになっています。24年越しに、twitterで公開とは、本当に「数奇な運命を辿った機体」です。

HGUCメッサーラのデザインと瀧川虚至氏について

「27年の刻を越えて待望の立体化 可変MAメッサーラHGUCで登場」

ということで6月下旬にHGUCでメッサーラが発売されます。機動戦士Zガンダムの登場機体もだんだんとHGUC化され、残りはバーザム、バイアラン、サイコガンダムMk-II、バウンド・ドック、ボリノーク・サマーン、ディジェ、ハイザック・カスタム、ガルバルディβの8機です。

このメッサーラのHGUCデザインは瀧川虚至氏が手がけられました。



そして、川口名人が

とのことです。

HGUCメッサーラのデザインは少し細くなっています。デザインだけだと見ると細いので不評の声が大きいようです。ガンプラになってみるとまた印象が変わると思うので、今のところ私からは特にないです。
比較画像
1364824405051.jpg


そして、最近のガンプラのデザインもされており、


と、HGUCハンブラビや

今度出るRGゼフィランサス・フルバーニアンのデザインもされています。
比較画像(左から、河森版、カトキ版、瀧川版)
1364749921376.jpg



瀧川虚至氏はガンダムエースで連載中の機動戦士Ζガンダム Defineでメカニックデザインを担当されており、機体のリファインをされています。そして、ガンダムエース5月号でインパルス板倉のガンダム小説のメカニックデザインも担当されることが告知されました。他にもRGガンダムMk-IIやマスターアーカイブモビルスーツ・ジムやマスターアーカイブモビルスーツ・ゼータを手がけられています。

Defineで突然登場し、そこから色々と起用されている“瀧川虚至”とは何者なのでしょうか。
まだ若く(29歳?30歳?)多分スカウトされたのでしょう。ブログを見てみるとほとんどが人物の絵など写真であり芸術家のようです。立体物もやられていますが、ロボット系は一つもありません。しかし、プラモのデザインやリファインなど、カトキハジメ氏と同じようなことをされています。カトキ氏はUC、武器よさらばなどに忙しいことや年齢のこともあって、バンダイは次のカトキハジメを欲しているのかもしれません。瀧川氏は、言わば「ポストカトキハジメ」のような存在でしょか。

瀧川氏のメカデザインを見たら分かると思いますが、ディテールが多く少し細めです。今まではオリジナルデザインは無かったので、板倉のガンダム小説がとても気になります。




2013年5月20日 追記・修正

「Defineで突然登場し、そこから色々と起用されている」の部分線で消しました。
この記事には多少の誤りがありますので、記事を追加しました。なるべくこちらもご一緒にお読みになって下さい。よろしくお願いします。
瀧川虚至氏についてまとめ

続きを読む

プロフィール

だいけい

Author:だいけい
ガンダム関係・富野由悠季やアニメなどの情報紹介や考察をしていきます。
気軽にコメント頂けたら幸いです。


別名でも活動。
最近は更新減少中…



連絡先→in2mistletoe@hotmail.co.jp

twitter→ @in2mistletoe

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
Twitter
リンク
記事一覧
全記事表示
RSSリンクの表示